オーガニック100%「高純度の純正フルボ酸」をお届けするフルボ酸専門サイトです。 フルボ酸は身体の重金属のバランスを整えてくれる性質があり健康に導いてくれます。
fulvic acidフルボ酸とは何百年という腐食連鎖の中からできた地球の恵みです。
発送のお知らせ

頭皮にやさしい毛髪豆知識集!

毛が出来るまで
胎生6ヶ月を過ぎるころには全ての毛包は出来上がり、出生後新たに出来る事はありません。つまり毛の数は生まれた時に決まっているのです。その数は130万〜150万本、頭髪は約10万本です。

毛の太さと形
人や人種によって様々ですが日本人に多い直毛はほぼ丸形です。ウエーブは楕円形、縮毛は扁平形をしています。人種によって髪の太さも違いますが日本人の毛の太さは0.07mm〜0.08mm位です。

ヘアサイクル
一つの毛穴から一生毛が生え続けるわけではなく、自然に抜けてまた新しい毛が生えて来ます。この毛の生え変わりをヘアサイクル(毛周期)と言います。1本の毛の寿命は男性で2〜5年、女性で4〜6年、中にはそれ以上伸びる場合もあります。
1、成長期 2〜6年
2、移行期 数週間
3、休止期 数ヶ月


髪の成長度
菊の毛の伸びる長さは0.35mm〜0.4mm、1ヵ月で約1cm。また、季節によっても異なり4月頃から早くなり9月頃から遅くなり、男性は20歳前後、女性は30歳までは早くその後遅くなるといわれています。

髪の役割
頭皮の保護や保温、そして重金属の排泄機能としての大切な役割があります。美・オシャレだけではなく、毛髪は身体の健康に大きな役割を果たしているのです。

抜け毛
菊約80本位抜けます。100本以内は心配ありません。また、動物の毛が生え変わるのと同じで秋頃に抜け毛が増えてきます。髪は一つの毛穴から1本づつ生えてるのではなく、1つの毛穴から3本束になって生えています。中には1本2本というものもありますが、髪が薄くなったと感じる人の頭皮をスコープで確認すると、ほとんどの場合本数は変わらず毛の太さが細くなっている場合が多いです。

対策
抜け毛には色々な要因がありますが、毛の成長を促進するには血行を良くして頭皮を健康に保つことが大切です。
1、頭皮を清潔に保つ為シャンプーをきちんとしましょう。シャンプーすると抜けると気にする人もいますがそれは自然に抜けたもので心配いりません。シャンプーは頭皮の毛穴から付着物を洗い流す意識で洗うと良いでしょう。また、シャンプー後マッサージ、ブラッシング、育毛剤など頭皮ケアを行いましょう。育毛剤などは1回の量を増やすのではなく回数を増やした方がよいでしょう。
2、趣味や適度のスポーツをしましょう。頭皮の大敵のストレスをためないようリフレッシュして健康を保ちましょう。
3、髪はたんぱく質からできてますのでたんぱく質を食べましょう。特に含硫アミノ酸の多い食品を食べてください。魚類ではひかりものや白身の魚。肉類では鳥のささみやヒレ肉。チーズや大豆類なども良いです。良いからと言って偏った食をせずバランスの取れた食事を取ることが大切です。
また、十分な睡眠など生活習慣の改善を心掛けましょう。